スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ!アニメ10話感想

どこよりも濃い、を目指して感想更新です。 濃さだけがトリエ笑
原作との違いを重視して考察してます!
前回はかなりアニメに関して毒を吐いたので、今回も吐きまくります笑 原作厨なので。
画像はブラウザを広くすると見やすいよ!

今回の見所(確定版)
・水着
・ちょっと嫉妬する大河
・見え隠れする亜美の嘘と「本当」
・銀河戦争勃発

次がメインコンテンツです笑


今回の見所(俺の妄想版)
OP前
・大河が未来は変わらないのよと言及
みんなで犬小屋フラグのことでしょう。 

・実乃梨の寝シーン
あとみのりんのちょっとエロイ寝シーンなんですが、どうやら服を脱がずに寝ている模様
残念!
みのり寝

みのり寝2




CM
白石涼子がママレードボーイのOP歌ってたよ!すごいよ!




前半

・実乃梨「高須君のお嫁さんになる娘は幸せだね」
原作どおりです。 これが竜児のトドメになりました。 
あと「きゅしえだぁ!」→「たきゃすきゅん!」の発音がイメージ通りで吹いた笑

・原作には無い描写
このとき、実乃梨が「あの話を聞いてくれたのが高須君でよかった」と言います、これは二人だけの秘密のように扱われるはずなんですが、亜美が立ち聞きをしていたことに
これは後々の伏線だと考えれば非常に良い改変だと思います。 GJ
立ち聞き


・亜美の水着
原作の水着シーンには挿絵が無いわけですが、それを忠実に作画しているところに感動笑
乳、揺れすぎです

・亜美との会話
ここは細かく描写されてない非常に重要な伏線がたくさんあるのでちょっと解説&考察します。

亜美
「……高須くん、どうして実乃梨ちゃんをそんなにまでして、楽しませてあげようとしてるわけ?」



こう聞かれた竜児は黙り込みます。 さて、なぜ理由を亜美に言わなかったのでしょうか?

……もちろんわざと言わなかったのです。決して恥ずかしかったからとか言いにくかったからという理由ではありません。

第一、こんなふうに冗談めかして、こんなふうに脅かされて、彼女への気持ちを生々しく口にはしたくない。



これが理由です。 カッコいい!!
なお、この時点でその理由の答えを亜美は完全に把握しており、竜児も亜美が解ってて聞いていることを理解しています。

『下らない意地だけど、意地も通せないやつにはなれない。』 

そんな漢のハートです。


・亜美のカウントダウン
原作だと10秒でしたが、5秒になってました。 もちろんそれでもいいんですが、ここでも、アニメでは描写していなかったさまざまなことが原作では起こります。

亜美は、カウントが0になる直前、こんな行動に出るはずでした。

亜美の瞳がつ、と眇められる。睨むみたいに、笑うみたいに、竜児を至近距離から見上げた。



カウントゼロ


そしてカウントは「ゼロ」。 不意に身体を離し、何も言わずに亜美は竜児に背を向けて部屋を出ます。
彼女が振り返ることはありません

この振り返らないという行為が今回のキーセンテンスです。


・大河のちょっとした嫉妬
サンドイッチを食べた時にいままでがつがつと食べ物に夢中になっていたという描写があるのにもかかわらず、実乃梨が竜児を朝手伝って作ったということに反応してました。
さて、これは竜児に恋という点で先を越されたことへなのか、はたまた……
これがとらドラ!後半の楽しさに繋がります笑

嫉妬~


・北村
洞窟前にて気軽に実乃梨の方をタッチ。 なぜ竜児はこれをみて嫉妬しない!?


・大河のちょっとした嫉妬その2
亜美と雑談していた竜児に対して「よそ見しない!」と突っ込む大河
和みます笑



CM
特に無し。
クロスオブビーナスほしいよぉ



後半

・洞窟での亜美の言動
ここも非常に重要な伏線だらけ。

亜美
「高須くんに実乃梨ちゃんは合わないと思うよぉ?」



このあと、亜美は素の声に急に戻って言います。
『高須くんに合うのはね、例えば――』

亜美は声の調子で嘘とホントを使い分けるキャラなので喜多村英梨さんの演技がほんと光ってます。
さて、ここから亜美は挑発を繰り返すわけですが、アニメだと結構あっさりしてましたね。

亜美
「高須くんってさぁ、ほーんと、なんていうか……結構しょうもないやつだよねえ?」



ココの台詞の発音がドンピシャにはまってます。すばらしい。
シリアスだよねぇやっぱこの台詞は。
まぁ最重要なのは、

『だって、高須くんは実乃梨ちゃんのことぶったりできないでしょ?』

のくだりなんですけど!

この台詞を言う前に、竜児があぶらあげで亜美をぺちぺちやったからこの台詞が出るわけです。
そしてそのままわざわざ背中をみせ振り返らずに言うわけです。

亜美
「実乃梨ちゃんは太陽。傍にいたら、焼きつくされて消えるだけ……だと思うな。
憧れだけじゃ、対等にはなれないよ。
対等に慣れるのは、たとえば、あたし――みたいな」



なんども言います笑
振り返らずに!
がミソ。 
なんともいじらしいじゃありませんかばかちーは笑


・原作からの改変点その2
本当は電池が切れそうになって亜美が本当にあわてて、みんなと合流するんですが、まるごとかわってますね。
特に気にはなりませんが。

でも、
竜児が暗いから手だと思ってつかんでた大河の手が実は脚で、必死にパンツを隠そうとする大河は正直見たかった笑


・なぜ竜児と大河の計画がバレたのか
が、アニメだと明確に描かれていません。 これは正直どうかなと笑
まぁ原作でもしょうもない理由なわけですが。 どうでもいいか笑


・実乃梨の腋
すばらしい。

腋

ふぅ…


・亜美の言動(ビーチで花火の時ver)

「あたしはね、あたしは――」
顔を向けないまま、目を合わせないまま、声にならない声で囁く。波のおとにかき消され、花火の音に霧散するようなかすかな声で。
――寂しいかどうかなんて、考えたこともない。




完全に改変されたか汗


せめてここは小さくつぶやいてほしかった。 



4巻の亜美の最大の見せ場が!…o.. . .. .... ..rz


あとは、亜美が、竜児の『だって…俺たちは…』に対して『対等って。?』いうシーンがあるんですが。

竜児
「ほら。俺たちはあれだ。 お前曰く……対等、なんだから。」




あっー!  また原作の竜児の台詞奪った!奪った!

背中。

ここでもやはり振り返らないのがミソ。


しかし他が特に気にならないから噛み付きません笑 
詳しくは先週の9話感想を見てください。


・実乃梨
『本当に、不思議に思っているの』

目力


このときの作画もさることながら、やかり解ってるな製作者笑
今回の話は、まさに、みのりのこの台詞が全てを物語ってます。


・人工衛星フラグ
ざっくり回収。 さすがだね笑

詳しくは先週の9話の感想を(ry


・「銀河戦争!」
原作通りだったから吹いた




総評:
いろいろ噛み付いたけど今回も面白かったです笑

まぁもう一つ非常に噛み付きたいポイントがあるんですけどね。
キーワードは「シャツ」あのシーンは削るべきではなかった。 まぁいいんですけど笑


ご意見ご感想があればコメントか拍手かで気軽にどうぞ。




・ヲマケ
親父

オヤジうっぜぇな笑

とらドラ!アニメ9話感想

しかし原作ファンとしてはいろいろと突っ込まざるをえない今回のアニメ第9話
今回も箇条書き+補足で書いていきます。  すっごく長いです。 でもその代わり内容は濃いです。



*今回の見所(確定版)
・二人で見た夢(シンクロ率がとらドラジオ!モバイルと同じくらい)
・大雑把のところは原作どおり… なんだけど…
・ちょっくら新宿駅行って来る
・BKTの本領発揮
・ 裸       族      降      臨
・実乃梨の幽霊話



*今回の見所(俺の妄想版)
さぁ今回もやってきました妄想日記です。

まずはビジュアル的に気なった点をいくつか。
・土下座スタートするアニメってすごい
・ネコタイツやっちゃんかわいい&竜児小屋がでかい笑
・ハスキー犬のチーコちゃんの名前が省略笑 バドミントンの時の犬です。
・キャラ勢の背がちょうどいいから千手観音踊りが綺麗に出来る!
・別荘ってレベルじゃねぇ プライベートビーチすげぇ…
・半月が綺麗。
・最後の髪の毛がちりちりで怖かった笑


では個人的に気になった点をいくつか。
・エロイ
チーコちゃんに馬乗りにされた大河が笑

・ノースリーブは似合いますね
大河が笑

・亜美の変装が甘い
原作だとサングラスをしっかりつけているはずなのですが。


・千手観音
原作どおりなのはいいことなんですが… 後ろの人携帯で取るなよ笑


・座席の位置関係
原作だと三人がけの席を前後に確保して1グループ席を形成していました。
そして大河の気配りにより、
実乃梨を亜美の隣に座らせ、その隣に竜児を。自分は亜美の正面に座らせ、必然的に北村を実乃梨の正面、つまり大河の隣に配置すると言うファインプレーをするんですが、まるごとカット。
あと櫛枝シードデスティニーネタも。偽乳特選隊はやったのに…


・くり茶
エロうまそうです。


・バイクで颯爽と。
ここは実乃梨が「風になろうぜ」とつぶやくはずなんですがカット。


・シャワーで竜児をいじめる亜美。
しゃわー
この笑顔で男はたいていイチコロです。

はぁあああああん ハイルばかちー!


・ジェスチャーで伝わる竜児の心
ホントこの二人のスンクロ率ときたら…

そしてNiceショット.
ナイスショット


・秘儀!分身の術+撮影
新規ビットマップ イメージ11
もう実乃梨は何でもありですね笑


・本当は
大河と竜児が協力してが実乃梨を驚かして実乃梨が倒れて→カレーを激辛にするという流れ何ですが、オールカット。
でもポニーテールにあいますね 大河は笑
新規ビットマップ イメージ12


・亜美の笑顔
原作だと非常に重要なシーンであり、重要な笑顔です。

こう書かれています。


と、不意に亜美のしたり顔に妙に子供っぽい笑みが花開くようにふんわりと浮かび、

「そうだ。ねえねえ高須くん、あのさ、今からビーチにでも―――」


つまりこの笑顔はとてもレアだということ。
亜美の笑顔は星の数ほど登場するけど、この笑顔は特別。
まぁBKT教団のみんなならわかってくれますよね笑?
あみえがお

まぁみのりんが神タイミングで現れるわけですが笑


・一方大河は
なんだこの暗い北村の部屋は… そして距離感は…
ほんとなら絶対エロイことになるでしょう普通笑


・実乃梨の浜辺シーン。
私が今回一番噛み付きたいところはここ。
というか原作でも私がもっとも神だと思うシーンの一つだけに、私の原作厨兼信者心が許しておけないわけです。

彼氏とかっているのか    ワカメ霊の話をするところ

「間」は完璧でした。
原作でも竜児が、

『あと1秒、そうしていられたら、多分自分はこのまま死んでしまう――』

と言ってしまう「間」を完全に再現していました。素晴らしい!






だけど。
やっぱりそこから先の話は「解りやすすぎる」と思います。

実乃梨のアノ話はとても難しくて、とても深くて興味深い話をしているわけです、けどアニメのこれじゃあ解りやすすぎます。

これでもわからない人がいるかもしれない。けどそれでもいいと思うんです。


「……高須君は、幽霊、見える人?」

声がひっくり返らないように、焦って震えたりしないように、竜児は慎重に声を絞り出した。


原作のこの部分からも解るように、実乃梨の問いかけに対して、竜児は精一杯ながらも恐る恐る答えたはず。 だけどその「間」はアニメには存在しなかったわけです。

あと、あれは人工衛星だって実乃梨に竜児が教えるアニメのシーン。

正直それはだめだしょうって思いました…だって原作だと動いている光に気付いた二人のそれぞれの捉え方の違いが素晴らしいシーンなのにさらっと流しすぎでしょ!

竜児は竜児で、
人工衛星だと知っているから、UFOだなんて思わないという自己完結
をしたわけなんです。

実乃梨には絶対に教えちゃダメなんです。

これは竜児のとある感性を象徴する自己完結であり、伏線の一つなので、アニメで実乃梨が代わりに口に出してやっていいシーンじゃないと思います。

実乃梨が竜児から奪ったシーンはもう一つあります。

「アピールしているんだよ! ワカメの霊が!」


いやいや。 そのアピールと言う単語は、竜児が言わないと意味ないですから!

はぁ… まだまだ語りますよ?


アニメの流れをまとめるとこうです。

洗物

二人でアイス食べる

竜児がテンパって彼氏がいるか聞く

実乃梨幽霊話。見える人?

「見たいのかもしれない」「決め付けることねぇじゃねぇか」

あ、アレUFO!?

それは人工衛星だ!

「いつか櫛枝が見えたら良いなと思う」「お前に見てほしい幽霊がいるかもしれないからな」

「だから今日はおかしなことばっかり起きるんだね」

正直原作厨から言わせてもらうとハァ?なわけですよ。

まず、動く光を見つけるのは全ての会話より先でなくてはなりません。しかも二人同時に。 もちろんそのことを口に出してはならないと思います。
(口に出さないとアニメにならないよ!この馬鹿リココ!
                                    ぐはぁッ)

これにはちゃんと理由があります。
まず、実乃梨が竜児に

『彼氏とか、いるのか』

と聞かれてこの幽霊の話をするのは、

UFO――によく似た人工衛星を見たからなのです!

UFOだ!って思ってやっぱり違う、結局ものの本質は見えていなかった自分と存在は近くに感じていたのに見えていなかった気持ち。

そういったものを実乃梨は感じてこの話をしたのに。

したのに!

はにかみみのりん


それに! それにだよ!? このままだと最後の竜児の「…変なやつ…」がホントに変なやつだという突っ込みに見えてしまう!
そうじゃないんです!
竜児のあの「変なやつ」という台詞にはいろいろな思いがこめられているんです…

「いつか見えるのかな?」

その台詞も竜児に直接口に出して聞いちゃいけない台詞でしょぉぉおおお!?



……落ち着きます笑

そして言いたいことをまとめます。

まず、一つ。 実乃梨はもっと驚くべき。

実乃梨はここで一つの可能性に気付くわけです。それが何であるかはアニメでもみんなに伝わっているはず。
その上で、

『眼も見開いて見つめたまま、息を詰める』

のです。
そして竜児の


『俺は、お前が、幽霊をいつか見れたらいいな、と思う。見たいと望んでほしい。』

『お前に見てほしがっている幽霊が、多分、この世にはいる……とか、思うから』



が生きてくるわけです。

実乃梨を驚かせているものの正体も竜児は解っているわけです。






ハッ!? この文章書くのに2時間かかってる… モウヤダ やめようやめよう…

全然書き足りないので誰か呑み会の席で語りましょう…
とらドラ!4巻まで読んだ人でいいから…orz


・対比構造。

「始めて幽霊を見た時はやっぱりびっくりしたんじゃないかな」
たいがーふたり
この台詞のバックに写っていたのは北村の部屋で横になって顔を赤くした大河


「ありえねぇって打ち消したやつや、逆に努力してやっと見ることが出来るようになったやつだって、いるかもしれねぇ」
笑顔の、練習
この台詞のバックに写っていたのは自分の部屋で鏡をみて笑顔を作る練習をしていた亜美


ここらへんの演出が純粋にうまいですね。


・六畳間の距離
深夜で竜児と大河が寄り添う… アニメだと寄り添わないのね。

原作だと

『裸足のくるぶしが重なっていることに今の今まで気付かずに』

ってのがいいのに!

まぁ足で踏まれるのも悪くないか(病院池
原作竜児が、

『……好きな相手といるのは楽しいけどな。やっぱこれは非日常だな。毎日じゃたまんねぇ』

と言うんですが、個人的には割と真理だと思います。


・最後の幽霊
まぁ悪いことしたら罰が当たるわけですよ!!!!!!



総括:
だれか… 呑みましょう…
このエントリーかいてる時に1缶あけちゃったよ…


でも今回は演出の上でもかなり良い回だったとは言わざるを得ませんね。

やっぱアニメは二次創作としてみるのがいちばんですねー(遠い眼


楽しい楽しい笑


ご意見やご感想がある方は気軽にコメントまで!


とらドラ!アニメ8話感想

某所に自分が投稿したやつをここでもちょっと装飾して投稿してるだけです笑
ぁ、アニメ見てない人を置いてけぼりにしてごめんなさい涙





妄想多分でお送りします。









箇条書き+補足で書いていきます。


*今回の見所(確定版)
 ・電撃文庫クロスオブビーナスCMにていろいろと画像が。
 ・(教室配置)北村の隣の席に竜児が座っている。竜児の右後ろに実乃梨が座っている。
 ・やっぱ春田最高だよな?>arl
 ・終了スポンサー紹介でのアイキャッチにもなった実乃梨の目書き笑
 ・「スドバ」の言語化。
 ・久々の「亜美ちゃん、わっかんなぁあい」
 ・「チケットをくれた北村の気持ち」という竜児の言葉に対しての大河の否定。
 ・・大河の頭脳(…?笑)プレイと最後の台詞。


*今回の見所(俺の妄想版)

さぁ今週もやってまいりました。妄想考察。

まず、演出で気になる点をいくつか。

・クラスの連中のうざさ
が、際立っていた感じがします。 少なくともクラスメイトが一人の男をめぐって戦うわけですから感じが悪くなるのは当然かもしれないのですが、今回は顕著にいままでのわきあいあいを崩してきましたね。


・バタ足の練習in高須家
ミニスカート+オーバーニーソックスバタ足練習とかどんだけ…
それだけ気を許しちゃってるわけです。
あとトーフステーキってどうやって作るんですか教えてください高須さん。



……ふぅ。



・障子の穴
がちゃんと作画されていました。されていなかったら指摘しようと、とらドラ!だけに虎視眈々と狙っていたのに残念です笑
ぁ、大河が第1話で押し入った時の穴のことです。


・北村「火事場のクソジカラ」
やっぱこれおかしいよな笑


・自動販売機での二人の会話

竜児「人をからかうのも大概にしろ」→間→「はーい、ほなさいならー」→亜美のアップ


という流れが非常に重要です。

『からかっているわけでもないのになー、大河の気持ち他も色々わかってるのになー』

そんな亜美心が挿入されるかと。
あんまり具体的に考察したくないところですが、まぁ勘違いする人多そうなので。
とりあえず鈍感大魔王主人公自重!


・実乃梨との昇降口会話

実乃梨「大河のことは高須君に任せた!」




という台詞とともにこぶしを突き出します。
そして竜児は笑いながらそのこぶしにこぶしをあわせるシーンがあります。

…さて、原作第9巻を持っている人は実乃梨と竜児のあの誓いのシーンを読んでみよう笑
あとは言わなくてもわかるよなー('A`)b
このブログでもちょっと詳しく考察してます↓
とらドラ!9巻雑感


・ビーチパラソル
を吹っ飛ばすキック力ってどうなんだろwwww


・最強のチチパッドin偽乳特選隊
さて、水着を干してるシーンが一瞬挿入されたシーンがあったはずです。
そして、大河と竜児が市民プールで練習している場面もあったはずです。

感のいい人なら気付いたと思うんですが、大河はチチパッドをずっとつけているんです
 …練習中もずっと。
つまりは(ry


・ゴーヤ
を使った料理も作るとか竜児すげぇ まじすげぇ
そして肉料理弁当とか愛妻かよ('A`)


・そしてついに放たれたあの台詞。
ごめんなさい我慢してたんですが…


おもわず涙ぐんでしまいました。



やっぱり声がついても良いものですね。

というか今回の話は、
逢坂大河という人間にこの台詞を吐かせる成長をさせるため「だけ」の
お話なので、全力全身で僕らは受け止めましょう>arl

・大河「期待してた?」
深い。




最後に、相変わらずほっちゃんはかわいいですね!



私用で、今日はとらドラ!見れないかなと思っていたんですが、ちゃんと見れて、レビューもかけてよかったです。


しかし、アニメの出来が非常に良い回は考察できることもあまりなく寂しい気がします笑



今日のアニメとらドラ!の「中CM」入る前は、水色の「ド」の字が回ってました。
これ、毎回違う演出のようです。
なにかありそうなのでいつか考察まとめます。


まぁ、これで原作読者がずっとあえて言わなかった大河の最後の「アノ台詞」が放たれたわけです。

今日アニメをリアルタイムで見た人も、まだ見てない人たちへのネタバレ回避のために、日記などに「アノ台詞」は書かないようにね!



1話から7話の感想と言う名の考察もあるのでそちらもさりげなく後でこのブログに追加する予定です。

ではではー。




«  | HOME | 

プロフィール

Likoko

Author:Likoko
ラノベとプリンが大好きな人
ニコニコでライトノベル雑談してます


ニコニココミュニティリンク


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (5)
あいさつ (3)
料理 (3)
電撃文庫 (13)
スイーツ (3)
アニメ (8)
GA文庫 (1)
日常 (11)
マンガ (2)
東方 (1)
ゲーム (6)
集英社スーパーダッシュ文庫 (1)
メガミ文庫 (1)
ニュース (44)
ランキング (2)

twitterつぶやき


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。