スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ!16話感想

箇条書きでお届けします。

が、その前にいいわけを!
15話も結構書けることあったんですが書くのをやめました。
試験が忙しいから、レポートが終わらなそうだから、いろいろ理由がありますが、あれなんです。とあるシーンのとあるセリフがカットされたから、がホントの理由です。

どこか?
ヒントっていうか答えっていうか、あれです。

「……キラキラキラキラキラ……」



ってやつです。
実際はあれに付随したみのりんのMAXHEARTなセリフですが。

(くっそー我慢できないから言うぜ。このとき『唇に拳をあてて』涙顔になってるんだぜ!?
9巻読んだやつらは、わかるよな!? 悔しい!)


まぁあれを解説出来なかったら別に感想書くこともないかなと笑
(バッティングセンターでの亜美会話も無かったし?やっちゃんおごりイタリアンでの亜美会話もなかったし?もう「なかったし」を変換したら中田氏になるこのPCにもコリゴリコリオリココだよ)

一応15話の見どころだけいくつか。
金髪男をさして亜美が

『そういう奴は声をあげて泣きゃ、それだけで誰かが救ってくれるんだ』



というセリフの持つ凄惨さ。
そして亜美が、いままでずっとフォローに回っていた亜美が(14話感想参照)なぜ今回は「悪役」に徹しているか。
そして星空の下での二人のシーン。
1巻の、電信柱を二人で蹴った時と比べて、どう変わったか。
二人の距離感に注目です。

では16話の感想を。

【とらドラ!アニメ16話感想】


≪OP前≫
・大河「モルグに葬り去ってくれるってねーーー!」
ちょいと疑問なんですが、モルグネタって原作読んでない人はわかってるのでしょうか?……ルビなしってひどい汗
脇役の二男子がいい味出してます。 GJ
わきふたり



≪OP≫
いつになったらほっちゃんのSilky heartとが聴けるんディスか!? 末代まで待つよ?



≪前半≫
・ゆりちゃんと大河と竜児が相談室にいるシーン
完っっ全に9巻シーンを意識してる……!
だってほんとは生活指導の先生も加えた4人のシーンのはずだもの!
ゆりさんにん


・大河たちが渡したポスターをみて卒倒した女子生徒
モブがかわいい!笑
もぶ


・生徒会庶務の村瀬君のテレフォン
結構好きなキャラだったんだけど立ち絵すらねぇとはこのことだな笑
そして知らされる北村の真実(の一部)
そう、すべての伏線は文化祭最終日に貼られていた!


・「……北村を……ブン殴ってくる!」

ガキの駄々でしかねぇ



竜児は原作でそう、北村の動機を表現しています。
皆真剣に北村のことを悩んでいたのです。考えていたのです。
竜児だけじゃない。
実乃梨も、亜美も、泰子も、能登も春田もクラスの奴らみんな、そして村瀬たち生徒会のみんな、北村の家族も、独身も、
そして大河も。

大河は泣いたんだ。北村のために。



ぐはぁあああ切ねぇえええええええええええ
それがこんなしょーもねー理由に!

それこそが竜児が北村を殴ろうと思った動機なんでしょうね。
これだけの思いが、交錯が、このセリフに込められているわけです。


・そうして語られる北村の真実(の大部分)

ただ、なんか……そのとき、思ったんだよ。ああ、俺の存在は、この人に何も残さなかったんだ、って。
……二年間想い続けて、なんにも、なにひとつ、埃ひとつ、あの人の心には残せなかったんだって。



この原作台詞が全ての現況を作り出した、北村の病であり、『最後の救世主』たる亜美の見抜いた原因。もちろん全ての真実がそこにあるわけじゃないですが。

生徒会長にはなりたい。ガチでなりたい。会長に認めてもらえるようなカッコいい新生徒会長。
でもなったらすべてが終わってしまう気がして、いやもう既に終わっている。
ループループループ。
……あとひと押し。
かお


・「言わねぇ」
アニメでみて鳥肌が立ちました。 原作を読んでる人なら絶対「おっ?」ってなったはず。
そう、これはいわゆる竜児が『言わないでいること』作成であり、7、8巻の内容そのままじゃないか!
これは6巻読んでるときには気付かなかった!
でもこの台詞。 原作だと即答なんですよね。そこがよかったんですが……まぁ別にって感じですか笑
やっぱりアニメだと想像するのが楽しいですね笑 今回ばかしは原作読んでてマイナスだなぁと思いました。
このときの竜児の心情は実に2ページ近く描写されているわけですから。汗
このシーンの、登場人物を星に例えた描写は必見です! すぐ6巻をレジに!(AMWの宣伝マンを意識笑)



≪後半≫
・そしてまだ迷う「まるお」
きたむらこわばる

この竜児に問い詰められた時の静かに強張る笑みがカッコイイ!

北村はまだ、迷っているのだ。



人生は一歩一歩が選択だ。これが「結果」だとたどり着いたその場所もまた、次の瞬間は選択を迫られる「途中」へと変わってしまう。そして、そうして向かった先は自分が選んだ場所しかない。進んだ方にしかいかないんだ。だからこそ人は迷い、そしてそれは誰かに代わってもらうことはできない。

こう言ったのはまさに竹宮ゆゆこ先生その人なわけですが、若いって良いよなとしみじみ思うオサーンな私です。


・過去の兄貴
ほれてまうやろ! と言わんばかりの出会いですね笑
みえる

しかしこの屋上での二人の立ち位置。 どう考えても見えるよね、パンt(タイガーアッパー


・ガイナ立ち兄貴
がいなだち

に、似合いすぎるぜすみれの兄貴!


・ループから踏み出せないその一歩、
行け、北村祐作!
おまえは、
 北村祐作の道を、
          とっとと、
                行け!

ひとりでこわごわと歩みだそうと迷ってるやつに本当に必要なのは、やっぱり背中をぐいぐい押してくれる力。そうして、己の勇気を奮い立たせることなのです。


・そして萎えた汗
おィ? 次期生徒会長の北村祐作様に廊下を走らせたなァJCスタッフさんよぉ?
ここは決して走りはせず、しかし少し焦ったようにせかせかと歩きだす、って描写を忠実に再現するところだと思うんですけど……
ここで『「廊下は走るな!」というポスターのズレを治す』という伏線がパァですよ?


というかこの走らないところがまじでカッコいいのに! もうっ!
まぁ今回は贔屓目に見ても神回だから良いんですけどね。


・そして北村の、北村による、北村のための大告白会
竜児が、そしてすみれが期待していた『躊躇っていた足を、ついに下ろした』先は、その二人のどの期待とも違い、そして期待はずれだったわけです。
これこそが若さであり過ちであり、そして男、北村祐作の『最後のあがき』だったわけです。
現実逃避ではなく、現実と闘うことを選んだ北村祐作。

どうなるという。これで未来はどう変わっていくという。



この竜児の原作台詞があまりにも凄惨で、度肝を抜かれました。


・狩野すみれという「女」

「賢くって……あんたみたいにかよ!」
(中略)
「そうだよ。私のように賢く、私のように器用に、私のように逃げるべきときには逃げる。それが正しい。そうなれるように、せいぜい学べ。」



尺の関係でカットされたであろう台詞ですが、ちょっともったいなかったので触れてみました。
噛みついてきた下級生にこうした台詞を吐くことができ、またそのあとに褒めることもできる。
神様にロケットを与えられた人間はこうも違い、そしてここにいたって恐ろしく人間離れした描写を入れています。


・だけどバカばっかり
その後のシーンによって、その描写が見栄っ張りであり、優しさであり、狩野すみれの魅力であることが明かされます。
すみれがん

BGMに注目。
 神 神。 神! これはやばい! なにこの疾走感。 スマガの演出を思い出した笑
竹刀髪に隠すとか神業とかそんなちゃっちなシーンじゃない。

全ての原作ファンが待望する壮絶な喧嘩シーンがみごとにここに!


あああ 5ループくらいしちゃったよ。 ここだけでおなかいっぱいです笑

「狩野……すみれーーーーーーーーーーーーーーーっっっ!」


     ↑
このリーダの空白がしっかり表現されていた。それだけで鳥肌です。

えんぱつ?

そしてこの大河の構え……これぞ炎髪灼g(ry  ぇ、あごめん作品が違いましたね。
そして竹刀を兄貴に手渡したやつwwwww 空気読みすぎです笑

ステップ

ぁあ このシーンが動画で見れるだけで いままでこのアニメ見続けたかいがあったというもの!
上履き偶然ヒットもちゃんとあってナイス!

単純バカになりたくてもなれない自分と、そうであるがゆえに北村の気持ちから逃げざるを得ない現状。

そうしたものに迫られて引き攣った身をよじったとき、『血よりも濃い涙が、完全無欠の生徒会長の頬に零れた。』

かいちょうのなみだ

なんどもなんども、認めたくないみたいに首を振るが、弾いても弾いても涙は止まらず、その想いも、言葉も止めることはできなかった。どうにもならない想いを、言葉を、泣き叫び続ける。
どうしても、どうしても、どうしても、どうしてもバカになることができない自分!

――狩野すみれが、まだたった十八のガキでしかないことに、どうして今まで気づかなかったんだろう。



バカかバカじゃないかとかひたすら関係なく、とにかくみんなガキだった。ガキでしかなかった。 それが真相なのでしょう。(と、原作には書いてある)


・大河が落とした生徒手帳
2枚目

そしてそこにあった[二枚の]写真。
1枚目はキャンプファイヤーの写真。 さてもう一枚は何の写真?
ヒントはもちろん14話にありますよー。一応この感想日記でもたびたび触れてるので解る人は一発でわかるわけですが笑


・亜美の行動
ここから先、亜美の行動はすべて重要になってきます。
今思うと、亜美というキャラがいなくて、もし、とらドラ!という作品が、メイン4人だけだったらここまで考察ができなかったかもしれません。
そういう意味では、9巻表紙が亜美なのも納得なのかもしれませんね。
実乃梨は大河の生徒手帳の写真(の一枚目)をみて、大河は本気で北村のことが好きなんだということを理解します。
(逆に、それまで実乃梨は大河が誰のことを好きだと思っていたのか?と逆に考えると吉。)

木原たちが2枚目に気付く前に、亜美はそれを取り上げてしまいます。
ここで亜美は、このとらドラ!の転換期、つまり土台作り終了を告げる最も重要なセリフを、実乃梨の耳元で囁きます。

アニメは尺の関係でシーンそのものがないですが、このセリフを吐くのに、亜美はものすごい葛藤を経ています。そしてそれを告げた実乃梨の顔を見た瞬間、ずしっと胸が重くなり、言ってしまったことを悔やんでしまうのです。

ぁぁあ、いま手元の原作を読んでうるっと来てしまった汗

その後の亜美が『逃げ込んだ』自販機側での独白と後悔と理想を述べるシーンはシリーズでも屈指の亜美肌シーン。

まぁ例によって全カットとは鬼畜よのぉJCさん笑?

なので、原作読んでない人は、想像してみましょう。
どうしていままで完璧な大人を演じていたはずの亜美が最後のあの台詞を吐いたのか。
そしてその後なんでそんな表情をしたのか。
ぎりっ

思えばとらドラ!の考察自体、この巻のせいで始めたので感慨深いです。あぁ。

さて、このまま行けば、
17・18で7巻
19・20で8巻
21・22で9巻
それ以降で10巻……?

神ですね。

そしてこのクオリティーで全てやられると7巻の内容と9巻の内容で自殺者がでます笑



DVD100万個予約する作業に戻るんだ……

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

Author:Likoko
ラノベとプリンが大好きな人
ニコニコでライトノベル雑談してます


ニコニココミュニティリンク


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (5)
あいさつ (3)
料理 (3)
電撃文庫 (13)
スイーツ (3)
アニメ (8)
GA文庫 (1)
日常 (11)
マンガ (2)
東方 (1)
ゲーム (6)
集英社スーパーダッシュ文庫 (1)
メガミ文庫 (1)
ニュース (44)
ランキング (2)

twitterつぶやき


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。